リバウンドしやすい食事制限


食事制限を中心にダイエットを経験したことのある人は、リバウンドも経験していることが多いようです。食事制限の内容や終了方法にも関わりがあるとされています。
本来ダイエットとは、自分の健康を維持するために、増えすぎた体重を減らすというものです。これに対して、体重が増えるのは日々の生活内容や、食事の習慣によっておきます。なぜ体重が増すかを知ることで、ダイエットを進める方法がおのずと見えてきます。カロリーの摂取量が多いと体重が増えるのは、摂取したカロリーを生命維持や日中の活動で使いきれないためです。残ったエネルギーは脂肪という形で体内に貯め込まれます。
体重が増加するのは、脂肪が蓄積されるためです。このため、食事制限を行うことで消費カロリー量を摂取カロリー量より多い状態にします。摂取するエネルギー量を減らしてダイエットを行うというアプローチは間違ってはいません。ある程度食事制限を続けると、人体は食事制限がされていても生きていけるよう、カロリーの消費を抑えた体になります。
ダイエット中に体重の減少がストップするのは、食事制限に体が慣れてくるためです。リバウンドを起こす引き金になります。リバウンドの多くは停滞期中にダイエットを中断することによって起こります。







(C)リバウンドしやすい食事制限 inserted by FC2 system

食べすぎたら運動せよ。





inserted by FC2 system